• カテゴリー

  • NBAPlayer

    【NBA選手名鑑|ジョエル・エンビード】大器の片鱗を魅せ、進化し続けるセンタープレイヤー

    2019.09.24
    ハリネズミ
    ハリネズミ
    場所不明
    • facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • facebook
    • Twitter
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    HOOPS JAPANをご覧の皆さん、こんにちわ!

    今回もNBA選手名鑑をお送りしていこうと思います!

    本日紹介するNBA選手は・・・ジョエルエンビードです。

    NBAのシーズンを追うごとに進化をし続けているセンタープレイヤーの1人です。

    NBAオールスターにも選出され始めている人気の高い選手となっていますね。

    得点能力に関して非常に能力値の高いプレイヤーとして有名な選手です。

    そんなジョエルエンビードの魅力についてプロフィールをふまえながら紹介していこうと思います。

    おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!日本人向けバッシュ~アシックス編~
    おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ナイキ編~

    【ジョエルエンビードのプロフィール】

    本名:ジョエル・エンビード(Joel Embiid)

    【誕生日】1994年3月16日
    【出身地】カメルーン
    【身長】219cm
    【体重】113kg
    【所属】フィラデルフィア・76ers
    【背番号】21番
    【ポジション】センター

    まずはジョエルエンビードのプロフィールから紹介していきます。

    ジョエル・エンビードはカメルーン出身となっています。両親がバレーボール選手だったこともあり、元々はバレーボールを行っていました。

    しかし、ジョエルエンビード本人はアキームオラジュワンに憧れを抱き、バスケットボールに興味がありました。すると、幸運なことにカメルーンで、現ヒューストン・ロケッツのルック・バ・ア・ムーティのクリニックに参加。

    そこで感激を受けたジョエルエンビードはNBAを目指す決意をしました。そしてアメリカの名門カンザス大学に進学を果たしました。

    1年生の頃から頭角を現したジョエルエンビードは、スタメンで起用され、全米にその名を轟かせていきました。最優秀守備選手賞やオールディフェンシブチームに選出されるなどの成績を残しました。

    1年間カンザス大学でプレーし、NBAへのアーリーエントリーの道を選択しました。見事、フィラデルフィア・76ersに全体3位指名で入団しNBA入りを果たしました。

    おすすめ記事 → 【バッシュ|PUMA(プーマ)】屋外スポーツのメインブランドがバスケットボールへ参入
    おすすめ記事 → 【バッシュ|ラッセル・ウエストブルック】”Why Not”が表現されたカオスなバッシュ

    【ジョエルエンビードの魅力】

    NBA入団後も進化を遂げ、チームだけでなくNBAを代表するスタープレイヤーになりつつあるジョエルエンビード。

    そのジョエルエンビードの魅力を取り上げていこうと思います。

    【ジョエルエンビードの魅力① : オールラウンドのなオフェンス能力】

    ジョエルエンビードの1つ目の魅力はオフェンス力です。

    ジョエルエンビードは219cmという大きな体格を活かし、センターとして活躍しています。

    アキームオラジュワンに憧れていたのもあり、スピンムーブのキレはピカイチです!

    ゴール下でゴリゴリのセンタープレーをお見舞いするのに加え、相手に合わせて器用にスピンムーブをしてきたら、ディフェンスはマークしづらいのではないでしょうか?

    また、ジョエルエンビードはゴール下のみならず、アウトサイドからの得点もできるセンタープレイヤーなんです。相手ディフェンスが出てこなければ、3Pシュートを悠々と放ってしまいます。

    出てくればドライブをし、豪快にダンクシュートもできます。まさにオールラウンドなプレイヤーですね!

    これから先、ジョエル・エンビードのオフェンスの幅が広がっていくのは間違いないでしょう。

    以上の理由から、ジョエルエンビードの魅力としてオフェンス力を取り上げました。

    おすすめ記事 →  バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!
    おすすめ記事 →  バスケの基本!スクリーンを覚えてたくさん点を取れるチームになろう!

    【ジョエルエンビードの魅力② : ゴール下を支配できるディフェンス力】

    ジョエルエンビードの2つ目の魅力は、ディフェンス力です。

    カンザス大学時代に、最優秀守備選手賞を受賞するほどディフェンス能力には長けていると言えるでしょう。ディフェンスと言っても様々な要素があるので何が凄いの???と思うかもしれません。

    ジョエルエンビードがディフェンス面において最も優れているのブロックショットであると考えられます。相手のシュートに合わせて実に絶妙なブロックショットを行い、会場を沸かせることが多くあります。

    相手オフェンスを後ろから追いかけてのブロックショットをしたり、ダンクシュートを豪快に叩き落すこともある程です。

    NBAでもディフェンシブチームに選出される日は遠くないかもしれませんね!

    以上の理由から、ジョエルエンビードの魅力としてディフェンス力を取り上げました。

    おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】
    おすすめ記事 →  【筋トレ】バスケでシュートの飛距離が劇的に伸びる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

    【ジョエルエンビードの魅力③ : 不屈のメンタルの持ち主】

    ジョエルエンビードの3つ目の魅力は、メンタル面です。

    この魅力に関しては僕自身の個人的な見解ではありますが、なぜこのメンタルの部分を魅力に挙げたのか説明します。

    ジョエルエンビードはNBAドラフトで全体3位指名でフィラデルフィア・76ersに入団しましたが、実は怪我で入団後2年間コートに立てていなかったんです。

    入団直前に右足を疲労骨折し、全治6ヶ月の診断を受けました。最初にシーズンはこの怪我により全休。しかも、リハビリが上手くいかずに次のシーズンも全休となってしまったんです。

    2年間のリハビリ生活を経て、NBAデビューを果たしました。

    この2年間という長い間、諦めずに努力を重ねてきたジョエルエンビードはとても素晴らしく、不屈のメンタルの持ち主だと感じました。

    驚異的なメンタル面でNBAへの復帰を果たし、スター街道を駆け上がっているのは間違いないでしょう。

    以上の理由から、ジョエルエンビードの魅力としてメンタル面を取り上げました。

    おすすめ記事 →  バスケでドリブルの達人になるための12の練習メニュー
    おすすめ記事 →  バスケでオフェンス力を劇的に上げるハンドリング練習まとめ

    【ジョエルエンビードの今後】

    ここまでジョエルエンビードの魅力について紹介してきました。

    オフェンス面・デフェンス面の両方で大きな役割を果たしているジョエルエンビード。今後、チームだけでなく、NBAを代表する選手に成長していくのは間違いないでしょう。

    チームの中心選手ということもあり、ジョエルエンビードの調子次第でチームの勝敗も変わってきます。

    今後の成長が実に楽しみな選手ですね。

    ジョエルエンビードのプレースタイルを見てもわかるように、今の時代センターでもアウトサイドのプレーをする選手が増加してきています。

    これから先、ジョエルエンビードのような選手は増えていくことでしょう。

    おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~アディダス編~
    おすすめ記事 → 履きたくなること間違いなし!NBA選手のバッシュ~ジョーダン編~

    【ジョエルエンビードのまとめ】

    いかがでしたか?

    ●ジョエルエンビードのプロフィール

    ●ジョエルエンビードの魅力① : オールラウンドのなオフェンス能力

    ●ジョエルエンビードの魅力② : ゴール下を支配できるディフェンス力

    ●ジョエルエンビードの魅力③ : 不屈のメンタルの持ち主

    ●ジョエルエンビードの今後

    今回は、NBA入団後も成長し続けているセンタープレイヤーのジョエルエンビードについて紹介してきました。

    今後も成長を遂げ、チームを代表する中心選手になるのは間違いないでしょう。

    さらなる成長を遂げるジョエルエンビードが楽しみになりますね。

    ぜひ、ジョエルエンビードに注目してみてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です