• カテゴリー

  • NEWS

    【NEWS】NBAがペイサーズの要請を受けレイカーズを調査開始、ジョージと不正交渉の可能性

    2017.10.16
    アバター
    hoops
    場所不明
    • facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • facebook
    • Twitter
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    NBAは8月21日(現地時間20日)、ポール・ジョージ(オクラホマシティ・サンダー)と不正な交渉を行った可能性があるとして、ロサンゼルス・レイカーズに対する調査を開始したと発表した。

    NBAでは、球団が他チームの契約選手と契約交渉を行うことを禁止している。リーグの広報を担当するマイク・バス氏の声明によれば、不正調査はインディアナ・ペイサーズの要請によるもので、すでに法律事務所が独自調査を実施。レイカーズは調査に協力的な姿勢を見せており、現時点で不正の証拠は見つかっていないようだ。

    2017-18シーズン終了後に現行の契約満了を迎え、フリーエージェントとなるジョージ。今シーズンオフにペイサーズからサンダーへトレードで移籍した背景には、ジョージがペイサーズに対して来夏に退団する意向を伝えた経緯があるという。また、ジョージは故郷に本拠地を置くレイカーズへの入団を希望しているとも報じられている。

    なお、NBAは、調査期間中は両チームにコメントを控えるよう要請している。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です