• カテゴリー

  • MiddlePersonal skills

    【スキルアップ】明日から実践できる3つのオフェンス方法

    2018.11.27
    餅つきうさぎ
    餅つきうさぎ
    場所不明
    • facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • facebook
    • Twitter
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    バスケットボールには多くの戦術や用語があり、何をしたらいいのか、分からないという人もいると思います。

    そこで今日は「明日から使えるオフェンス方法」と題し、NBA選手がよく使っている動きをベースに3つほど紹介してみようと思います。

     

    おすすめ記事 → バスケで綺麗なシュートフォームを身につける方法を徹底解説!

    おすすめ記事 → バスケでドリブルの達人になるための6つの練習メニュー

     

     

     

    『方法その①:ドロップステップ』

    1つ目にドロップステップです。

    ドロップステップとはボールを持った選手が、軸足でないフリーフットをリング方向にポンと踏み込むことを言います。

     

    ディフェンスがついてこなければそのまま抜いていきます。

    逆についてくるようだったら、後ろに下がればスペースが生まれシュートが打てるようになります。

    NBA選手でいうと、コービーブライアンやカリメロアンソニーが多用する技になります。

    別名ジャブステップとも言います。

     

    おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでフィジカルが劇的に強くなる11の筋トレメニューまとめ【保存版】

    おすすめ記事 → 【筋トレ】バスケでシュート率が劇的に上がる9つの筋トレメニューまとめ【保存版】

     

     

     

    『方法その②:スプリット』

    2つ目はスプリットです。これはガードポジションでよく行われる技になります。

    オフェンスがピック&ロールをして、相手ディフェンスがショーディフェンスをしてきた時にディフェンスとスクリーナーの間を割っていくことを言います。

    NBA選手でいうとクリスポール、デレックローズ、カイリーアービングが得意な技でもあります。

     

    おすすめ記事 →  【NBA選手名鑑】身体能力ではなくIQで勝負!~ケビン・ラブ~

    おすすめ記事 →  【戦略】ケビン・ラブに学ぶ~ストレッチ4~

     

     

     

    『方法その③:ユーロステップ』

    最後にユーロステップです。

    ユーロステップとはレイアップに行くときに、ジグザクにステップを刻み、でフェンスをかわしてシュートすることを言います。

    通常のレイアップと同様に一歩目までは進行方向に向かってステップをします。二歩目から真っすぐ行くと見せかけて横にステップを踏みでフェンスをかわします。

    NBA選手でいえば、ジノビリ、ドウェインウェイド、ジェームスハーデンが多用する技になります。

    【NBA選手に学ぶ】コートを切裂くユーロステップ~カイリー・アービング~

    【ユーロステップ】NBA選手に学ぶステップ~ジェームス・ハーデン~

    【NBA選手に学ぶ】変幻自在の3つのステップ~ゼロステップ・ユーロステップ・ギャザーステップ~

     

    おすすめ記事 →  バスケで一流のシューティングガードになるために必要な5つのスキルまとめ

    おすすめ記事 →  NBA最強のシューティングガード5選まとめ【ハイライト動画付】

     

     

     

    【まとめ】『明日から実践できる3つのオフェンス方法』

    いかがだったでしょうか?

    NBA選手も多用している明日から使えるオフェンス方法が以下の3つ:

    • ドロップステップ
    • スプリット
    • ユーロステップ

    を駆使しながら、明日からコートを縦横無尽に走り回る自身の姿を想像できたでしょうか?

    組織プレーも大切になりますが、個人の能力が上がれば必然的に組織のプレーの幅も増えることになります。自主練習をする際にぜひ参考にしてみてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です