• カテゴリー

  • OtherStory

    リアル桜木花道と噂される男!?初心者でインハイに出場した晴山ケビン選手の正体とは・・・

    2018.03.10
    シェル
    シェル
    場所不明
    • facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • facebook
    • Twitter
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    こんにちは。シェルです( ´ ▽ ` )ノ

    先日晴山ケビン選手の記事を執筆させていただくにあたり、選手の情報について色々と調べていたら面白い情報を目にしました。

    それは、「晴山ケビン選手がリアル桜木花道である」という噂です。

     

    果たしてその噂は真実なのでしょうか?

    というわけで、この記事で検証していきましょう。

    おすすめ記事→類い稀な身体能力で京都に貢献する、晴山ケビン選手のプレー3つの魅力

     

     

    【そもそも桜木花道って誰?】

    もしかしたら、読者さんの中には「そもそも桜木花道って誰?」と、思われているかたがいるかもしれませんので、そのご紹介をさせていただきますね。

     

    桜木花道:概要

    所属:湘北高等学校1年7組
    身長:188cm→189.2cm
    体重:83kg
    誕生日:4月1日
    背番号:10
    ポジション:パワーフォワード
    着用シューズ:体育館シューズ→NIKE AIR JORDAN VI(白×赤)→NIKE AIR JORDAN I(黒×赤)
    靴のサイズ:28.0cm→30cm

    【reference=https://ja.wikipedia.org/】

    桜木花道とは、あの歴史的大ヒットを生んだバスケ漫画『SLAMDUNK(以下スラムダンク)』の主人公です。

    スラムダンクは合計で1億2000万部も発行され、スラムダンクが連載されていた自体は空前のバスケブームが起こりました。

     

    そんな大人気漫画スラムダンクの桜木花道は、もともとただのヤンキーでした。

    しかし、ハルコさん(赤木晴子)という同級生の女の子を好きになってしまい、そのハルコさんの「バスケはお好きですか?」という一言がキッカケでバスケを始めることに。

    高校からバスケを始めた初心者の桜木花道は、その類い稀な身体能力と卓越した闘争心を武器に、みるみる成長を遂げていく物語です。

    マジで面白いです。笑

    おすすめ記事→思わず口に出る!!スラムダンクの名言〜山王編〜3選

    おすすめ記事→スラムダンクの登場人物で、勝手に最強のスタメンを作ってみた

    おすすめ記事→【ALPHADOGで検証】完全独断!スラムダンクのメンバーに例えると??赤木剛憲(ゴリ)編

     

     

    【晴山ケビン選手ってどんなプレイヤー?】

    そもそも、晴山ケビン選手ってどんなプレイヤーなのでしょうか?

    まずはその概要から見ていきましょう。

     

    晴山ケビン:プロフィール

    【参考= https://hannaryz.jp/】

    【誕生日】1993年1月14日
    【出身地】岩手県
    【身長】189cm
    【体重】93kg
    【出身校】盛岡市立高等学校・東海大学
    【所属】京都ハンナリーズ
    【背番号】7番
    【ポジション】スモールフォワード

    学生時代はバスケの名門校である東海大学で経験を積んできました。

    チームメイトには、アルバルク東京の田中大貴選手やザック・バランスキー選手、サンロッカーズ渋谷のベンドラメ礼生選手などがいます。

    高いレベルのバスケ環境でプレーしてきた晴山ケビン選手は、2017-18シーズンから見事Bリーグという舞台にもステップアップを果たしました。

    今では京都ハンナリーズのスターティングメンバーをも務めています。

     

    そんなプロ選手の晴山ケビン選手ですが、一体どうしてリアル桜木花道と言われるのでしょうか?

    その理由を見ていきましょう。

    おすすめ記事→【Bリーグ】京都ハンナリーズを勝手に分析してみた

    おすすめ記事→【最新版】初代Bリーグベストファイブに選ばれた男、田中大貴選手のプレー3つの魅力

    おすすめ記事→初代新人王の実力を完全開放!進化し続ける男ーベンドラメ礼生選手

     

     

    【リアル桜木花道と称される理由①:バスケ初心者でインターハイ出場!?】

    【reference=スラムダンク27巻】

    まず1つ目にあげる、晴山ケビン選手がリアル桜木花道と称される理由の1つ目が、「バスケ初心者でインターハイ出場!?」です。

    こんな写真のような前代未聞な発言を晴山ケビン選手がしているわけではありませんが。笑

    まずスラムダンクの桜木花道は、高校からバスケを始めた初心者でありながら、なんとインターハイに出場してしまった選手なのです。

    そんな選手、ホンマにいるんかいな!?

     

    と、思ってたら・・・いたんですよ。笑

     

    ですが晴山ケビン選手は高校生でバスケを始めたのです。

    そして、なんとバスケを始めてたったの4ヶ月でインターハイという舞台に出場してしまったんですよね。

    それまで晴山ケビン選手は野球をしていたそうです。(ここは桜木花道と違いますね笑)

    さらに晴山ケビン選手、始めてわずか4ヶ月だったそうなので、その時点ではドリブルがあまり得意ではなかったそうです。

    こんな全国クラスの選手、いるのでしょうか!?

    まさにリアル桜木花道ですね。

     

     

    【リアル桜木花道と称される理由②:類い稀な身体能力】

    続いて2つ目にあげる、晴山ケビン選手がリアル桜木花道と称される理由は「類い稀な身体能力」です。

    そもそも、スラムダンクの桜木花道選手はそんなに身体能力が高いの!?

    という疑問があるかもしれませんが、当然高いです。

    その証拠の写真がこちら。

     

    ・・・・あっ、やべ!間違えた!

     

    そうそうこれこれ。

    こんな感じで、スラムダンクの桜木花道はガツっとダンクシュートを決めてくれます。

     

    じゃあ、一方の晴山ケビン選手はというと・・・。

    【reference=http://wintercup.japanbasketball.jp/2009/photo.html?no=9】

    すでに高校生の頃から、このようにダンクシュートがお手の物でした。

    さすがですね。

    スラムダンクの桜木花道も晴山ケビン選手も、類い稀な身体能力の持ち主であることがこれで明らかになりました。

    おすすめ記事→【バスケあるある】誰もが憧れるダンクシュート

     

     

    【リアル桜木花道と称される理由③:身長が同じ】

    最後に3つ目であげる、晴山ケビン選手がリアル桜木花道と称される理由が「身長が同じ」です。

    そう、スラムダンクの桜木花道と晴山ケビン選手は身長が同じなのです。

     

    スラムダンクの桜木花道は、神奈川県予選を終えた後、バッシュを調達しにショップへ行った際に身長を測りました。

    その結果桜木花道の身長は、189.2cmでした。

    そして晴山ケビン選手の公式の身長は、なんと「189cm」なのです。

    ここまでの偶然ってあるのでしょうか!?

     

    まさに晴山ケビン選手は、リアル桜木花道と呼ばれるべき選手なのかもしれません。

     

     

    【まとめ】

    いかがでしたか?

    【そもそも桜木花道って誰?】
    【晴山ケビン選手ってどんなプレイヤー?】
    【リアル桜木花道と称される理由①:バスケ初心者でインターハイ出場!?】
    【リアル桜木花道と称される理由②:類い稀な身体能力】
    【リアル桜木花道と称される理由③:身長が同じ】

    ここまで来て思うのは、晴山ケビン選手ってマジでリアル桜木花道でしたね。

    さすがに喧嘩っ早いところだったり、「天才ですから!」って自画自賛しちゃうとか、そういう性格の面は違うかと思いますが。

     

    漫画並みの潜在能力を持った晴山ケビン選手、今後の活躍も応援しております!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です