• カテゴリー

  • 未分類

    バスケでセンターが活躍するプレイのコツ

    2019.11.01
    シェル
    シェル
    場所不明
    • facebook
    • Twitter
    • Hatena
    • facebook
    • Twitter
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    こんにちは!シェルです!

    この記事では、バスケの試合でセンターの選手がプレイする時のコツをご紹介したいと思います。

    【バスケの試合でセンターが活躍するプレイのコツ5選まとめ】

    それでは早速、バスケの試合でセンターが活躍するための、プレイのコツをご紹介していきますね。

    【センタープレイのコツ1:重心を下げる】

    まず1つ目にご紹介する、センターのプレイのコツは重心を下げる、です。

    センターは基本的に、体をぶつけることが最も多いポジションです。

    そのため、相手に押し出されないような耐久力が求められてきます。

    ですから、しっかりと重心を下げ、相手に押し負けられないようにしましょう。

    【センタープレイのコツ2:相手の位置を背中で感じる】

    続いて2つ目にご紹介する、センターのプレイのコツは「相手の位置を背中で感じる」です。

    特にポストアップして、相手を背中に背負った状態でプレイする時のコツです。

    ポストアップし、相手を背中で背負った場合、最も確率の高いシュートを打つためには、相手のディフェンスがいる位置と、逆側にターンをすることが大切です。

    このターンの方向を間違えないためには、相手のディフェンスの位置を正確に把握することが大切です。

    この時に、相手の位置を背中で感じることができると、かなりの確率でしっかりとターンをすることができます。

    ぜひ、意識してみてくださいね。

    【センタープレイのコツ3:ミドルシュートを覚える】

    続いて3つ目にご紹介する、センターのプレイのコツは「ミドルシュートを覚える」です。

    センターの仕事は、基本的にインサイドです。

    ですが、だからと言ってインサイドでしかシュートが打てないと、ディフェンスは賢いので読まれてしまいます。

    そのため、インサイドプレー主体でも、しっかりとミドルシュートを放ち、相手のディフェンスを外に引っ張り出せるようになる必要があります。

    ミドルシュートを打てるようになりたい方は、こちらの記事も併せて読んでみてくださいね。

    【センタープレイのコツ4:周りを見てプレーする】

    続いて4つ目にご紹介する、センターのプレイのコツは「周りを見てプレーする」です。

    特に筆者の場合もそうなのですが、センターは基本的にコート上で最も背丈が高いプレーヤーになりますので、相手のディフェンスもよく寄ってきます。

    そのため、周りが見えないとすぐに潰されてしまいます。

    そうならないためにも、周りを見ながらプレーをし、ディフェンスが寄ってきたらパスをさばくようにしましょう。

    【センタープレイのコツ5:ポンプフェイクを入れる】

    続いて5つ目にご紹介する、センターのプレイのコツは「ポンプフェイクを入れる」です。

    ポンプフェイクとは、ゴール下でシュートを打つ時の、シュートフェイクです。

    ポンプフェイク、めっちゃ効きます(笑)

    面白いぐらいに、みんなブロックしに飛んできます。

    ゴール下でシュートを打つときは、必ずポンプフェイクを入れる習慣をつけてみましょう。

    ゴール下でのシュートが、思いの外楽に打てるようになりますよ。

    【まとめ】

    いかがでしたか?

    センターの方は、ぜひこの記事で紹介したコツを意識して、プレーしてみてくださいね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です